エール

数年ほど関わりがあった方との お別れが近づいている


すれ違いざまに挨拶しても


こちらの存在に 全く気が付いてないかの様な 空気を出す


「塩対応な人」


そんな印象だった


しんどくって


ボキポキバキパキ 骨を折ってた頃


サポートらしきものは 何もやって来なかったなって 感じて


ちょっぴり ガッカリしてたのだけど


無理に 近くなり過ぎず


程よい距離から 加勢してくれていたのだと 後から分かった


それは その人なりの 思い遣りの表し方だったんだ と分かった


その途端


ぎこちなく感じていた いつものその距離感が とても心地良く感じた


こんな感じに 間接的に 助けて貰ったのは 初めてだったので


とても新鮮だったし 勉強にもなった


そして 実は 何かとボケる 楽しい人らしいのに


状況から そんなキャラを 封印せざるを得なかったみたい


そんな事も 今更 偶然 分かるようになった


本当は クールで 無関心な人の様に見せるのが 板に付いてただけだったんだね


自分がやりたい様に 出来ないって 振る舞えないって


不自由だよね


苛立しいよね


ずっと 身の置き場がない思いだったろうから


これからは 思う存分


気ままに おちゃらけちゃってくださいね


頑張ってきた分


やり切ってきた分


ゆるゆるするのが きっといい


また直ぐに MAXパワーで 立ち向かって行くに 違いないのだから


自分を 騒がしさから 解放してあげたらいい


笑顔の多い時ばかりでないかもしれないけど


これからの 新しい日々に エールを送りたい


原点回帰を目指す 喜びと祝福が そこにある


あなたの選択は 何も間違ってない