恋愛賞味期限

キュンキュンしてるんだ


あれこれ 思い出しては


目に映ったとこ


ベストセレクションしながら 崇拝したりして



すっかり お馴染み


毎日の ときめきルーティンワーク


これが 無いと やってられない


顔 ほころび


ゆるゆる しちゃう


ついつい 深入りする 心寄せタイム



ひとりでに


いつか 気持ちが


スッと 消えてしまうまで


こんな風に 想ってても いいんだって


自分に OK 出してるけど



会えなさすぎて


恋しさ 募りすぎて


胸キュン


もう 寂しさに 追い抜かされそう




恋愛感情の賞味期限は たったの3年 なんだって


という事は もう時期


あなたの事を 何とも思わなくなる日が


リアルに やって来ちゃうのかな


本当かな



この ドキドキが 途絶えるだなんて


全く 消えてしまう なんて


そんな気配


まだ 一度だって 感じないのに



どんな 熱いブームも


ある日突然


黙って去り行くのが 常



いつなんだろう


その X-Day